【車の買い替え】納車当日の流れ・熱田神宮で車のお祓い

車のこと

どうも、ミエです。

12月の下旬に車(ホンダ・フリード)の購入を決めてから、約1ヶ月後に納車となりました。
年末年始を挟んだことと、書類のゴタゴタがあったので思っていたより遅めとなりましたが、無事に納車。

それでは、納車と熱田神宮で車のお祓いをしてきたので、その様子をお伝えします。

スポンサーリンク

前の車とのお別れ

買い替えなので、今まで乗っていた車とはお別れに。当然、今までのタイヤも不要になります。

冬の時期なので12月にスタッドレスタイヤに履き替えた状態。ノーマルタイヤを車に積んでディーラーに向かう必要がありました。

車をきれいにして、ディーラーまで最後のドライブ。今までいろんなところへ一緒に旅行したなぁと思い出したりして。車とはいえ、ちょっと淋しい気持ちにもなりました。

納車と保険の付け替え

そして、ホンダで最後の書類の手続きをします。特に持ち物は必要ありません。

成約特典を受け取る

ホンダの成約特典が2018年12月時点のものが「カップヌードル20個入り」を2セットだったので、それを受け取りました。ノーマルのカップヌードルとシーフードヌードルの2種類。

時期によって成約特典が違います。

最近カップヌードルは買っていなかったので、久しぶりに食べてみようと思います。カップラーメンはあまり食べ過ぎるとよくないので、週1回とか、ほどほどに。

保険の付け替え

あと、保険の付け替え。保険の付け替えは車検証が手元にある状態じゃないとできない作業だったので、ディーラーの中で夫が電話して手続きをしました。数分で手続き完了です。

そして、とうとうフリードをお出迎え。

座席にかけてあったビニールシートを外してもらいます。あと、車の操作に関してだいたいの説明を聞きます。そして、めでたく納車完了。

ミエ
ミエ

最後にミニブーケをもらったよ。

我が家では観葉植物は育てていますが、あまり花とは縁遠くて、久々に家の中に色とりどりの花が咲いていて、ちょっぴり華やかになります。

そして、ホンダを後にして、熱田神宮の車のお祓いへ向かいます。ホンダでの滞在時間は30分もかからなかったです。

車のお祓いの場所選び(寺でも神社でもよい)

記憶上では親の納車時に神社に付いていったことはありますが、はっきりどういうことをしたかは覚えていません。

なので、事実上初めての「車祓い(くるまばらい)」となります。

愛知県内であれば、有名なところで下記の3つです。

  • 熱田神宮
  • 尾張大國魂神社(国府宮神社)
  • 犬山成田山

他にも車祓いできる寺や神社はあります。

お参りで寺に行く人もいれば、神社に行く人がいるように、車祓いも寺でも神社でもどちらでも大丈夫。名古屋市内で車祓いができる場所は「熱田神宮」だったので、熱田神宮を車祓いの場所に決めました。

ミエ
ミエ

車祓いの場所は近いところで選んだよ。

熱田神宮で車のお祓い

熱田神宮のホームページで「車祓い」の場所を確認して行きました。

\熱田神宮のホームページはこちら/

熱田神宮の車祓い

熱田神宮の車祓いは予約不要


熱田神宮のホームページに記載がありますが、予約の必要はないので、当日直接行けば大丈夫です。熱田神宮の入り口にある「車祓い」と書かれた看板が目印。

「車祓い」の入り口は係員の人がいます。係員の人の案内で、さらに奥の「車祓い」専用の駐車場に移動します。うねうねしたS字カーブがいくつかありました。

駐車場の目の前に「御祈祷受付」があるので、そこで手続きをします。

祈祷料は4種類

「御祈祷受付」の前に「祈祷料」が書かれています。

祈祷料

  • 6,000円
  • 8,000円
  • 10,000円
  • 20,000円

4種類ありました。事前にネットで料金を調べていたので迷いなく「6,000円」を選択。

紙を渡されるので、住所と名前と生年月日、車のナンバーを記入します。これは「車祓い」の最中に読み上げられるので、丁寧に書きます。

決まった時間にまとめて車祓いを行います。私たちを含めて5家族いらっしゃいました。合同でお祓いを受けます。

受付で書いた住所や名前などの個人情報を読み上げられます。個人情報筒抜けです。近所にお住いの方はいらっしゃらないようでよかったです。

「おさがり」をいただいて、次は車自体をお祓いしてもらいます。

車自体のお祓い

車は1台づつお祓いしていきますが、終わった家族からすぐ出口に向かうよう言われます。私たちは最後だったので、私たちの番になると3家族はもう帰られていました。

時間にして10分くらいで「車祓い」は終了。合同で車祓いを受けたので、金額の違いとしては「おさがり」の中身だけです。「おさがり」をもらえるのは「車祓いを受ける本人」つまり主で車を運転する人。

「おさがり」(祈祷料6,000円)の中身
・御守
・神箸
・撤饌(てっせん)
・ステッカー
【御守】
車のどこかにつけます。
吸盤が付いていますが、個人的にはワイパーやウォッシャー液の出るレバー(ハンドル左のレバー)がおすすめです。
【神箸】食事の時に箸として使います。
【撤饌】神様からのお下がりのお菓子。普通に食べます。
【ステッカー】車に貼るものです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
あっという間に納車が終わりました。車祓いも10分と短い時間で完了。「車祓い」は気持ちなので、お祓いを受けたからにはより一層安全運転に気をつけて過ごしたいものです。

スポンサーリンク
車のこと
スポンサーリンク
ミエをフォローする
ミエコトブログ