【カードゲーム】ナンジャモンジャのレビュー・おすすめポイント

ゲーム

どうもです、ミエです。

夫の影響でカードゲームやボードゲームをやる機会が多くなりました。面白かったゲームのレビューをしていきます。

今回はカードゲームのナンジャモンジャ

ミエ
ミエ

全世界で30万個突破の大人気ゲームなんだって。

私もハマった「ナンジャモンジャ」についてゲームのやり方と感想をお伝えします。

スポンサーリンク

ナンジャモンジャのセット内容

  • ナンジャモンジャカード合計60枚(12種類が5枚ずつ)
  • 説明書1枚

手のひらサイズなのでコンパクトで場所を取りません。ルールは単純なので、一度覚えたら説明書を見る必要はありません。

こちらが12種類のカード。

こちらが説明書。

対象年齢:4才〜大人まで
人数:2〜6人
時間:15分で終わる

ナンジャモンジャは「シロ」と「ミドリ」がある

我が家にあるのはナンジャモンジャシロです。

違いは中身の絵柄。「シロ」を買うか「ミドリ」を買うかは絵の好みで決めたらいいと思います。「シロ」と「ミドリ」を両方使ってプレイすることも可能です。両方使う場合は、プレイ人数を増やして最大12人までの大人数で遊ぶことができます。

「ミドリ」はパッケージもミドリです。

ナンジャモンジャのルール・遊び方

(1)カードを裏向きにしてよく混ぜます。そして、山札としてテーブルに置きます。

(2)山札から一人ずつカードを引き、山札の隣に表向きにキャラクターが見えるように置いていきます。

(3)引いたキャラクターに名前を付けます。どんな名前でもいいので付けた名前を叫びます。見た目の色で「オレンジ頭」とか、黄色の顔なのに「ブルーさん」とか、近所の山田さんに似ていると思ったら「山田さん」とか何でもいいです。全く関係なく「テレビ」とか「2019年」とか付けてもいいですが、自分で付けた名前を覚えておかなければなりません。

(4)次の人も同じように、カードを引き、カードのキャラクターに名前をつけて叫びます。

(5)それを繰り返すうちに、前に出たことのある絵柄のキャラクターが出てきます。そうしたらその名前を叫びます。正しく該当のキャラクターの名前を叫べたら、その人の勝ちです。

(6)勝った人はそれまで積み上げられてきたカードをご褒美としてもらえます。

(7)そしてまた山札から一人ずつカードを引き、山札の隣に表向きにキャラクターが見えるように置いていきます。

(8)勝った人がそれまで積み上げられてきたカードをご褒美としてもらっていくため、最後にはカードが無くなります。カードがなくなったらゲーム終了です。

ナンジャモンジャの面白さ

知識は必要ではなく、ただただ想像力と記憶力が問われるゲーム。どんな名前を付けるか考えるのも楽しいし、どんどんカードが出てきてカードのキャラクターと名前を一致させて記憶していくのも楽しいです。

「ナンジャモンジャ」の箱に「ものごとを集中して覚え、条件に応じてすばやく引き出し、活用する能力を育てます」と書いてあります。また、児童心理学者の推薦を受けているカードゲームとのこと。単純に友達や家族で集まってゲームをするのに盛り上がるし、知育のゲームとしてもおすすめです。

他のカードゲーム・アブルクセンも面白い

カードゲームはたくさんの種類があります。「アブルクセン」というカードゲームもやってみて楽しかったのでおすすめします。トランプの大富豪みたいで面白いですよ。

こちらの記事を参考にどうぞ。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
私は夫と二人でやってみましたが二人でも楽しめるカードゲームです。4人くらいでやった方が盛り上がってわいわい楽しいかもしれませんね。ボードゲーム・カードゲームは高価なものが多々ありますが、ナンジャモンジャは比較的安価です。トランプやUNOを買う感覚でナンジャモンジャも持っておくと、時々楽しいと思います。

スポンサーリンク
ゲーム
スポンサーリンク
ミエをフォローする
ミエコトブログ