東宝の株主優待で映画を無料で観賞・映画好きにおすすめの優待券

株主優待

どうも、ミエです。

今回は東宝の株主優待についてお伝えします。身内のおこぼれで、東宝の株主優待でタダで映画観賞をしました。私は東宝の株は保有していませんが、東宝の株価を眺めていた時期もあったので、東宝の株主優待についてご案内しようと思います。

映画好きなら、あると嬉しい株主優待です。

\SBI証券の資料取り寄せは無料/

SBI証券[旧イー・トレード証券]

スポンサーリンク

9602東宝の株主優待情報

以下、情報は執筆時2019年3月29日時点のもの。

東宝(9602)
2019年3月29日終値4,445円
権利確定月:2月8月

映画優待券は指定劇場にて800円で鑑賞可能です。映画招待券は利用時に別途付与される株主カードを要提示、特定劇場は2枚で1名利用できます。

取得枚数優待内容
100株以上映画優待券2枚
500株以上映画優待券8枚

無料で映画を見ようと思うと1000株以上の取得が必要となります。

取得枚数優待内容
1,000株以上映画招待券(指定2カ月間通用券6枚で1シート)1シート
2,000株以上映画招待券(指定2カ月間通用券6枚で1シート)2シート
3,000株以上映画招待券(指定2カ月間通用券6枚で1シート)3シート
5,000株以上映画招待券(指定2カ月間通用券6枚で1シート)6シート
10,000株以上映画招待券(指定2カ月間通用券6枚で1シート)10シート
20,000株以上映画招待券(指定2カ月間通用券6枚で1シート)15シート
30,000株以上映画招待券(指定2カ月間通用券6枚で1シート)20シート
50,000株以上映画招待券(指定2カ月間通用券6枚で1シート)25シート
10万株以上映画招待券(指定2カ月間通用券6枚で1シート)30シート

演劇招待券については下記の通りです。

取得枚数優待内容
10,000株以上演劇招待券(6公演分)A席券各1枚
30,000株以上演劇招待券(6公演分)A席券各2枚
50,000株以上演劇招待券(6公演分)S席券各3枚
演劇公演により招待できない場合や席種変更になる場合有。

東宝の株主優待・映画招待券を使える映画館は?

東宝の映画館で利用できます。「TOHOシネマズ◯◯」という名前の映画館です。一部「共同経営劇場」として東京の「新宿バルト9」や大阪の「大阪ステーションシティシネマ」など6つの劇場でも利用可能。ただし共同経営劇場で見られる映画は東宝が配給している邦画作品にのみ利用できます。

愛知県には共同経営劇場というのはないので、「TOHOシネマズ◯◯」の映画館なら大体の作品で映画招待券を利用することができます。舞台挨拶付き上映、ライブコンサートの上映、お笑いライブやスポーツ中継など、例外で利用できない作品もあります。基本的には新作上映の映画は観賞可能。

招待券1枚につき1名が利用できます。
3Dや4Dなどの特別な作品は別途料金の支払いが必要です。

映画館に持っていくもの

1000株以上で映画招待券を取得されている方は「ご本人カード」(上記写真・プラスチックのカード)と「映画招待券」(下記写真・紙)の両方を持参する必要があります。

本人カードと映画招待券のそれぞれに優待番号が刻まれています。当たり前ですが、優待番号が一致していないと利用できません。

例えば、夫婦両名義で株主優待を取得していると、それぞれ優待番号が付与されています。夫名義の本人カードで、妻名義の映画招待券を利用しようと思っても優待番号が一致しないので利用できない、ということに。夫婦や家族で複数株を取得していて、株主優待が混ざり合う危険のある方は注意が必要です。

ミエ
ミエ

私は株主本人ではないけど、身内に「本人カード」を借りて「映画招待券」をもらったので、鑑賞可能です。

東宝の「株主優待のしおり」にも書かれていますが、「本人カード」は本人でなくとも利用できます。妻や夫、子どもなどに貸してあげて利用することは可能。「本人カード」が男性で、使用するのが女性でも問題なし。あくまで「優待番号の一致」を見るだけであって、本人確認をされるわけではありません。

5000株以上の取得の方は、本人カード以外に「家族カード」ももらえます。所得株数によって家族カードの枚数が増加。この家族カードは「本人カード」と同様の意味を持ちます。

ミエ
ミエ

よく映画を見る家族で東宝の株を5000株以上保有できるなら、家族カードがあると便利だね。

\SBI証券の資料取り寄せは無料/

SBI証券[旧イー・トレード証券]

さいごに

いかがでしたでしょうか。
無料で映画を見れるのは魅力的ですね。私はどうしても映画館の座席にじっとしていられないので、120分未満の映画上映を探してしまいます。(トイレが近いのです。。。)映画好きな方にはおすすめの株主優待です。※株取引はご自身の判断でなさってください。

スポンサーリンク
株主優待
スポンサーリンク
ミエをフォローする
ミエコトブログ