【各務原市】学びの森イチョウ並木の見頃は?カフェや駐車場情報も

学びの森 イチョウ 紅葉 岐阜県各務原市岐阜県お出かけ

どうも、ミエです。

岐阜県各務原市(かかみがはらし)にある学びの森プロムナードのイチョウ並木。11月の紅葉シーズンになると多くの人で賑わうお出かけスポットです。別名「冬ソナストリート」とも呼ばれています。

11月中旬には黄色いイチョウの木々を観賞することができ、11月下旬にはあたり一面が黄色い絨毯に覆われるので、長く秋の風景を楽しめるでしょう。

ミエ
ミエ

見頃は11月中旬から下旬だよ。

本記事では、学びの森のイチョウ並木について紹介します。

記事中のイチョウ並木の写真は2017年11月12日のものです。
スポンサーリンク

学びの森イチョウ並木ってこんな感じ

学びの森 イチョウ 紅葉

こちらで紹介するのは2017年11月12日のものです。年によって見頃は前後しますが、11月中旬頃であれば、イチョウ並木の黄色い姿を楽しめます。空を仰ぐようにイチョウと一緒に写真を撮るのがいいですね。

学びの森 イチョウ 紅葉

11月下旬ともなれば、落葉し黄色の絨毯が出現します。イチョウが地面に落ちている様子と、残ったイチョウの木々を一緒に撮影するのがポイントです。

イチョウ並木の道は車が通らないのでゆっくり撮影をすることができます。銀杏(ギンナン)があちこちで落ちていて、臭いが気になるかもしれません。よそいきのオシャレな履物より、スニーカーなどちょっと汚れても大丈夫な靴を履いていくのがおすすめです。

学びの森イチョウ並木の見頃は?

学びの森 イチョウ 紅葉
散る前のイチョウを楽しみたいなら「11月中旬」
黄色い絨毯を楽しみたいなら「11月下旬」

※気候により見頃は前後するのであくまで目安としてどうぞ。

上記Twitter(各務原市公式)を見ると、2019年11月12日時点で少しずつ黄葉が進んでいるのがわかります。

学びの森の場所・カフェ情報(KAKAMIGAHARA STAND)

学びの森は広い公園です。公園内にはKAKAMIGAHARA STAND(各務原スタンド)があり、コーヒーや紅茶などのドリンクが味わえます。

看板メニューの蒸しパンも一緒に楽しめます。2016年11月にスタートしたお店なので、真新しい建物で清潔感がありますよ。

KAKAMIGAHARA STANDの公式サイトはこちら

テイクアウトと店内・テラス席での飲食は税率が異なるため注意が必要です。(2019年10月時点の情報)

学びの森の場所・アクセス(駐車場情報)

〒504-0836
岐阜県各務原市那加雲雀町10−4

近隣に有料駐車場あり。学びの森のすぐ隣に「名鉄協商パーキング各務原市市民公園北」という駐車場(153台)があり、3時間まで無料なのでちょっとのお出かけには無料で使えます。

名鉄各務原線「各務原市役所前」駅か「市民公園前」下車徒歩5分

駐車場は紅葉シーズンは混み合うので、公共交通機関での来場がおすすめ。2017年来場時は駐車場は時間帯によってはほぼ満車で、駐車場待ちの車が数台見かけました。

学びの森周辺のお出かけ情報

岐阜県各務原市に「学びの森」があります。目と鼻の先に「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」があるので一緒にお出かけがおすすめです。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館
アクアトトぎふ
岐阜城
ツインアーチ(愛知県一宮市)

「学びの森」は愛知県との県境付近にあるので、岐阜県と愛知県のどちらの観光スポットも楽しめそうですね。

スポンサーリンク
岐阜県お出かけ
スポンサーリンク
ミエをフォローする
ミエコトブログ