カクキュー八丁味噌の工場見学は無料で予約不要・ミニお土産付き

愛知県お出かけ

どうも、ミエです。

愛知県岡崎市にあるカクキュー八丁味噌。カクキューの建物の一部は、愛知県内で最初に登録された「登録有形文化財」です。

貴重な味噌蔵や資料館の様子を見学することができます。工場見学は予約不要で随時受付をしているので、岡崎観光のついでにちょっと寄るのにもってこいの場所。

徳川家康の生地としても有名な「岡崎城」からすぐのところにあります。

\カクキューおすすめポイント/
  • 工場見学は予約不要で無料
  • ガイドさんが味噌蔵や資料館を解説&案内してくれる
  • 味噌出汁の試飲や味噌田楽の試食あり
  • 最後に受付でミニお土産もらえる
  • 売店で様々な味噌商品を購入可能

魅力が満載のカクキュー八丁味噌の工場見学、見所や概要を見ていきましょう。

来場した2019年8月時点の情報です。
スポンサーリンク

カクキュー八丁味噌の工場見学

歴史に触れる

カクキュー八丁味噌の味噌蔵は、近くを流れる矢作川(やはぎがわ)の氾濫から逃れるために石垣の上に建設されました。(すみません、石垣の写真はなし)

八丁味噌を作っているのは今回訪れた「カクキュー」と「まるや」の2社のみ。「八丁味噌」は、岡崎城から西に八丁(約870メートル)の距離で作られているため、その名があります。カクキューのすぐ隣には「まるや」さんがありますよ。

以前他のガイドさんの解説で案内してもらったことがありますが、ガイドさんごとに喋る内容が違うので、何回訪れても面白いです。

カクキューの成り立ち、資料館の資料に関する豆知識を教えてもらえます。

大きな桶の前では皆さん記念に写真撮影。私も夫をパシャリ。

この桶は触ってみてくださいと言われたので、触ってみました。

新旧どちらの味噌樽も見学できます。

最後に試飲と試食

八丁味噌で作られた味噌汁を飲みました。

愛知県民には馴染みの深い赤だし味噌汁。八丁味噌で作られた赤だし味噌は普段飲めないので貴重な体験でした。赤だし自体に馴染みのない方は、ぜひ試飲で体験してもらいたいです。

最後に、こんにゃく田楽の試食。愛知のおでんは味噌おでんが一般的です。

ミエ
ミエ

田楽にはやっぱり味噌だね。

ミニお土産をもらう

工場見学の受付をする際に、紙を渡されます。名前や住所を記入するもの。最後にこのアンケート用紙を受付に提示すると、ミニお土産を無料でもらえます。

ミニお土産は八丁味噌のパウダーです。賞味期限は2022年2月の印字。

バニラアイスに加えればキャラメル風味のスイーツになるとパッケージに記載がありました。ひとり1つもらえたので、夫と二人でバニラアイスにかけて楽しみたいです。

味噌商品のお土産購入可能

味噌煮込みうどん、味噌まんじゅう、味噌だれ、さまざまな商品をお土産として購入することができます。

お菓子系は試食がありましたよ。観光やお出かけのお土産にいいですね。

味噌ソフトクリーム

味噌ソフトクリーム、八丁味噌パウダーがけ。外で食べてる方がたくさんいました。

ミエ
ミエ

ミニお土産の八丁味噌パウダーと一緒かな?

今回はいただきませんでしたが、ミニお土産と同じならキャラメル風味ですね。

下記写真の「産業博物館」を見せると400円のアイスが50円引きの350円で食べることができます。※2019年8月時点の価格です。

カクキューの味噌アイスの他にも、お得になる施設がいくつも掲載中。カクキューの工場見学受付の建物内に置いてあります。ぜひ「産業博物館」を手に取ってから、外でアイスを注文しましょう。

「産業博物館」のクーポンは利用期限の記載がありませんでした。提示時期によっては利用できない可能性があるかもしれません。

カクキュー八丁味噌の場所・アクセス

〒444-0923
愛知県岡崎市八帖町字往還通69番地

駐車場は結構埋まっていました。車で来場されている方ばかりの印象。

公共交通機関:
名鉄「岡崎公園前駅」から徒歩約5分

岡崎城からすぐの場所なので、ぜひ岡崎観光のついでに立ち寄ってみてください。

岡崎の観光地おすすめ

愛知県岡崎市はいろいろお出かけスポットがあります。

観光目的なら岡崎城は外せないですね。

近年はかき氷でも有名な場所です。歴史に食に、ぐるっと岡崎を1日楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
愛知県お出かけ
スポンサーリンク
ミエをフォローする
ミエコトブログ